過干渉型毒親家庭で育つということ

スパルタ教育型・過干渉型毒親の支配下から逃れ、自由を手に入れるまで。

毒母が小遣いストップを執行したのでテレクラで知り合ったおじさんにお金を貰った話(前編)

にほんブログ村 (※これは前編なのでまだおっさんは登場しません。小遣いストップに至った経緯が中心。) テレビ禁止で溜まっていたストレス 私が高2の時、弟は小6で中学受験の勉強が本格化する年だった。もちろん、完璧主義の毒母のことだから、弟を日本一…

東大京大専門受験塾T会

公文→T会へのシフト どこから噂をききつけたのか、スパルタ教育大好きな毒母はこのT会という塾を知るに至り、私は入塾テストを受けさせられ、中2の冬ごろから入塾することとなってしまった。T会というのは、中学1年の時から東大京大合格を見据えたカリキュ…

毒親家庭に育つと子供を持とうと思わなくなるという話

にほんブログ村 子供が欲しくならない 私が20代後半になった頃位から、母は「子供を産み育てるということは、意義のある尊いこと…云々」とメールによく書いてくることになった。彼女は、間違った育て方をしたことに遅まきながら(私が20代後半になってから)…

中学受験しないのに中学受験塾の講習に通わされた小学生時代 

にほんブログ村 自分の子供の頭の良さを試したい毒母 小学受験の結果、小学校~高校まで一貫の女子高に入った私。当然、中学受験は不要だ。だが、教育熱にうかされた毒母は、「その勉強に意味があるかどうか」なんて考えもせず、とにかく子供に勉強を押し付…

スパルタ教育型毒親家庭の音楽はクラシック限定

家にあるCD・カセット・レコードはクラシックのみ 元ピアノ講師の母と、超堅物真面目人間である父の好む音楽はクラシック。小さい頃、家にあったCD・カセット・レコードで、クラシック以外のものは皆無だった。彼らが若かった時、子供だった頃は、一体どんな…

果てしなき公文との闘い(小学生時代)

常に数学年先の勉強を先取り 私の学校での成績は、常に上位だった。幼稚園の頃から公文で先取りしてきていたので、学校の教科書が退屈なほど簡単に感じられた。私が通っていた私立小学校は、よっぽど素行が悪かったり成績が悪すぎたりしないかぎりは、高校・…

小学校お受験

S学社 思えば、母の教育熱は私が幼稚園年中の時から始まっていた。一体、誰からきいたのか、どうやって調べたのかは知らないが、S学社という私立小学校受験のための幼児教室に通わされはじめたのである。祖父母達が母にプレッシャーを与えたということもない…

過干渉型毒親あるある・その① テレビ制限編

テレビ禁止・またはテレビの時間が制限される 過干渉型毒親あるあるが、テレビ禁止や、テレビ視聴時間の制限だ。もちろん、内容にも文句を付けられたりすることもある。 我が家の場合、母親はテレビの視聴時間にうるさく、一方父親は内容にうるさい。 これは…

ブログを書くきっかけ

子供時代!?絶対戻りたくない!辛かった事が沢山で思い出したくないことも沢山…でも、ふとした時に辛い記憶が蘇って、その記憶ばかり数日間頭の中をグルグルしている時がたまにある。そういう時期があるのは、何か月かに一回、一年に何回か位なのだけれど、…